アルバイト、採用されないのは条件に合わないバイトだから。

アルバイトに採用されるかどうかはある程度は運の問題があると思いますが、それでも簡単にバイトに採用される人とバイトが立て続けに不採用になる人といます。中々バイトに採用されない人には一体どんな問題があるのでしょう?可能性が高いのは、条件に合わないバイトを探してしまっている場合。採用する側は早朝に働ける人を探しているのに「早朝には入れません!」なんて言えばそりゃあ採用してもらえないと思います。当たり前なんですけど、こういうケースは多いです。私の職場でも最近アルバイト希望の方が来られました。人手不足なので採用したかったのですが…。こっちは土日シフトに入れる人を探しているのですが、「土日は無理です」と言うので残念ながら不採用ということになりました。

もし土日に入れないのであれば、「土日のシフトに入れなくても採用してくれる」バイト先を探すべきだと思います。早朝に入れないのであれば、「早朝シフト大歓迎!」なんて書いてあるバイトには応募しない方が良いでしょう。さらに言うと、アルバイトを本気で見つけたいと思っているなら土日だろうが早朝だろうが深夜だろうがシフトに入ります!くらいの気持ちで探した方が採用されると思いますよ。人手不足の職場であれば、シフトの融通が利く人であればほぼ確実に採用してくれると思いますよ。正直、凄い資格とか持っていて学歴もすごいけれどシフトは限定的、という人よりは無資格無経験だけれどシフトはいつでも入れます、という人であれば後者の方が採用されます。

Copyright (C)2018アルバイト先でのいろいろな思い出.All rights reserved.